京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日9:00〜17:30
日々つれづれ

BLOG
日々つれづれ

京都のお祭り

2022/05/30イベント

「京都で6月のお祭りや行事は?」と言われてすぐに浮かぶものってありますか?

5月の葵祭、7月の祇園祭と「京都三大祭り」のうち二つに挟まれた6月にも大切な行事がありました。

 今回は「京都のイベント6月編」としてお祭り・行事をご紹介します。

 

 

京都薪能 612

 奈良の春日大社・興福寺で行われる薪御能に倣った魔除けの儀式である。夕闇の中で篝火が焚かれ、闇夜に浮かぶ能舞台で観世・金剛両派による能や大蔵流による狂言が楽しめる。

 

県祭 6月56

6月5日の深夜、梵天(ぼんてん)と言う神輿を担ぎ、宇治神社御旅所から県神社へ、そこで神移しを行い、再び宇治神社へ行きその後、県神社へ帰る梵天渡御を行う。神輿の移動時は周辺の家は電気を消し暗闇で神輿を迎えるため「暗闇の奇祭」と呼ばれている。

 

夏越の祓 630

 1年の前半の罪や穢れを祓い、後半を無病息災で過ごせるように祈願する神事である。この日には水無月を食べる風習があり、ういろうの上に乗せた小豆には悪魔や邪気を祓う意味合いがある。

 

最後に、お祭りではないですが6月と言えば「紫陽花」が咲く季節ですよね。

京都では、平安神宮、藤森神社などで神苑、紫陽花苑などの公開が行われます。夜間にライトアップを行う場所もあるので、同じ場所でも時間をずらすと2度楽しめます。

 

 

下記URLよりページに飛んでもらうと6月のイベントを探すことができます。他の月のイベントも記載されていますので、興味が湧くイベントをお探しください。

イベント・歳時 6月|そうだ 京都、行こう。 (souda-kyoto.jp)