京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00
ニュース

NEWS
ニュース

葵祭~お祭りの協賛金の取り扱い~

2018/05/15税務関係

毎年5月15日に開催される葵祭は京都最古のお祭りで、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。京都御所から下鴨神社、そして上賀茂神社へ総勢500名を超える平安絵巻さながらの優雅な行列がねり歩きます。京都市北区に位置する当法人にとりまして、一番身近な三大祭です。

ところで、企業が地域の貢献のために、神社のお祭りや行事の協賛金を支払う場合があります。この場合の経理処理は主に、広告宣伝費に当たる場合と、寄付金に当たる場合に分けられます。

企業名の提灯掲示や、パンフレット等への記載など広告表示がある場合で、その金額が社会通念上適正なら、広告が行われた期に広告費として全額損金計上ができます。しかし、その支出に広告としての要素が無かったり、不相当に高額であったりする場合は、寄付金として限度額計算をおこなった上で、税務上の所得加算をおこなわなければなりませんのでご留意下さい。