075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00
ニュース

NEWS
ニュース

  • ―相続について考える―「借金の返済請求に応じる義務ある?」

    2018/11/26税務関係

    Q借金を相続しなかった相続人が銀行からの返済請求に応じる義務が発生するのでしょうか? 銀行からの借入金などの債務は、相続開始の時点ですべての相続人が相続分に応じて自動的に相続する ことになっているため、全相続人...

  • ―相続について考える―「納税期限に相続税申告できない!」

    2018/11/19税務関係

    Q遺産の分割協議がまとまらず相続税の申告期限までの申告・納税が間に合わない時はどうすれば良いのでしょうか? 相続税の申告と納税の期限は、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内です。 たとえ相続財産が分割され...

  • ―相続について考える―「死因贈与」

    2018/10/31税務関係

    日常生活において身体に支障をきたす病気があり、やむなく生活支援を受けて日々暮らしている方々はたくさんいらっしゃると思います。 特に高齢者の方々はご子息と遠く離れて暮らしていて、不自由な生活を送っておられる方は少...

  • ―相続について考える―「生前贈与」

    2018/10/24税務関係

    相続税の節税対策の1つに贈与税の基礎控除を利用した「生前贈与」があります。 生前に親の世代から子供世代、また孫の世代へ財産を移転し、相続財産を減らすことで相続税を少なくできます。 贈与税の基礎控除は暦年1年間で...

  • ―相続について考える―「あなたの財産はいくら?」

    2018/10/16税務関係

    国は誰にでも公平に財産を評価できるよう、「相続税財産評価基本通達」を定めています。 その評価は納税者に不利にならないように、一般的に時価と呼ばれるものより少し低めに定められています。 主な財産の評価について簡単...

  • ―相続について考える―「次の相続を見据えた遺産分割」

    2018/09/24税務関係

    遺産分割によって相続財産を受け取った配偶者は、1億6千万円か法定相続分のどちらか多い方の額を財産額から差し引ける相続税の配偶者控除が利用できます。(配偶者の税額軽減) そのため遺産分割時には、この配偶者控除を最...

  • ―相続について考える―「相続税の計算」

    2018/09/17税務関係

    相続税の計算は、 ①相続で財産をもらった人 ②遺贈(死因贈与を含みます)で財産をもらった人 ③相続時精算課税の適用を受けて財産をもらった人 上記の者について、各人の課税価格を求めることから始めます。 ■国税庁H...

  • ―相続について考える―「相続財産の分割」

    2018/09/10税務関係

    人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、家族などの相続人が受け継ぐことになります。その受け継ぐ財産には、不動産、現預金、株などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナス財産も含まれます。 相続...

  • 資本的支出と修繕費

    2018/08/20税務関係

    固定資産の修理や改良をしたときに支出する金額が、当期費用となるか、いったん資産に計上し耐用期間にわたり償却費として徐々に費用化する(将来費用)か、判断処理に困る場面がないでしょうか? 上記判断の原則区分基準は・...

  • 所得税予定納税減額申請とは?

    2018/07/02お知らせ

    昨年度の確定申告書をご覧いただき、[ 所得税及び復興特別所得税の額㊷ ](*下記参考リンクの「予定納税基準額の計算方法」により算出した金額) 欄の金額が15万円以上である個人事業主などは、税務署から通知される金...