京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00
ニュース

NEWS
ニュース

所得税予定納税減額申請とは?

2018/07/02税務関係

昨年度の確定申告書をご覧いただき、[ 所得税及び復興特別所得税の額㊷ ](*下記参考リンクの「予定納税基準額の計算方法」により算出した金額)
欄の金額が15万円以上である個人事業主などは、税務署から通知される金額を本年分の所得税の一部としてあらかじめ納付する必要があります。
これを予定納税といいます。

しかしながら、その金額は前年並みの所得水準となることを前提として算定されているため、状況の変化で前年より所得が下がっている方にとっては予定納税が資金繰り的に負担となってしまいます。

そこで、本年分の所得税が前年の所得税に満たないことが見込まれる場合、税務署に申請することで、所得税の予定納税額を減額することができます。
これが「所得税予定納税減額申請」と呼ばれる手続きです。

【提出先】 納税地を所轄する税務署長
【提出時期】第1期分及び第2期分の減額申請については、7月1日から7月15日まで

(なお、提出期限が土、日曜日、祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となるため、本年は7月17日となります。)

詳しくは、国税庁HP「所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請手続」を参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm

<参考リンク>

■予定納税基準額の計算方法 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2040.htm