京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00
ニュース

NEWS
ニュース

―相続について考える―「あなたの財産はいくら?」

2018/10/16税務関係

国は誰にでも公平に財産を評価できるよう、「相続税財産評価基本通達」を定めています。
その評価は納税者に不利にならないように、一般的に時価と呼ばれるものより少し低めに定められています。

主な財産の評価について簡単にご説明しますと・・・

現金・預金
あるものズバリ評価金額とされ、預金には既経過利息を計算する必要があります。
有価証券
株式については、取引相場があるものについては取引相場により評価し、ないものについては「類似業種比準価額方式」・「純資産価額方式」・「配当還元方式」などにより評価します。
死亡保険金・死亡退職金
支給額がそのまま評価額となりますが、遺族の生活安定などを考慮して非課税金額が定められています。
非課税金額=500万円×法定相続人の数
家屋
その家屋の固定資産税評価額(毎年送付される固定資産通知書でご確認いただけます)
土地
路線価を基準として計算する「路線価方式」と固定資産税評価額を基準として計算する「倍率方式」という方法のいずれかを使って評価します。
路線価は毎年7月初旬に国税庁から発表され、路線価がある地域は「路線価方式」で、ない地域は「倍率方式」で評価されることになります。
また、農地や地積規模の大きな宅地などは利用価値等を考えて、一定の方法により評価が下がるなど
一定の要件に該当すれば評価の減額を受けることもできます。

その他見落としやすい財産
①名義預金(配偶者・子などの口座名義)
②生命保険契約に関する権利(保険事故が発生していない保険契約で、被相続人が保険料を負担)
③海外財産(預金・有価証券・別荘など)
④動産(美術品・骨董品・自動車など)
⑤債権(売掛金・貸付金など)
⑥借地権(他人の土地に建物を建てた場合)
⑦知的財産権(著作権・特許権・商標権など)
⑧私道(公道と公道を結ぶいわゆる通り抜けのためのものは除く)
⑨貸金庫(財産や財産を証する書類が入っていることがあります)
⑩老人ホームなどへの預け金(入居一時金のうち、返金されるもの)
⑪直近のリフォーム費用
⑫相続開始前3年以内の贈与(相続人に対する贈与のみ)
⑬相続直前の預金口座からの引き出し(葬式費用など)

相続財産となるかどうか?財産はいくらか? 検討してみては如何でしょうか。

<参考リンク>

■国税庁HP 相続財産や贈与財産の評価
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hyoka/zaisan301.htm
■国税庁HP 路線価図・評価倍率表
http://www.rosenka.nta.go.jp/