京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00
ニュース

NEWS
ニュース

非営利法人

2019/05/13NEWS / 税務関係

法人にはいくつかの種類があります。 大きく分けると営利を追求することを主たる目的として設立された営利法人と、営利を追求することを目的とはしない非営利法人の二つに分類されます。 なお、「営利」の意味合いとしては、利益追求と利益分配という意味があります。 したがって、非営利といった場合には、利益追求よりも公共性や公益性の追求を図るという意味と、利益分配をしないという意味の二つの意味があります。 非営利法人には様々な種類があり、代表的なものとしては次のものがあります。 ・公益法人  民法に基づいて設立される法人であり、公益に関する事業を行い、営利を目的とせずに、主務官庁の許可を得て設立された法人を言います。  例:社団法人 ・特定非営利活動法人(NPO)  国に認められた分野の活動であること、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することの二つの要件が満たされる法人を言います。 ・宗教法人  宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教育育成することを主たる目的とする団体である宗教団体で、宗教法人法により法人格を得たものを言います。  例:神社、協会 ・社会福祉法人  社会福祉法に基づき、社会福祉事業を行うことを目的とされる法人を言います。  例:支援施設、高齢者福祉事業等 この他にも学校法人や医療法人等があり、それぞれ設立方法、課税優遇制度、会計処理等が異なるため、非営利法人の種類ごとに、根拠法に基づいた適切な処理が必要とされています。