京都むらさきの総合税理士法人

075-417-2117
受付時間:平日10:00〜18:00

Real Estate
不動産

不動産

これから不動産投資をされる方

 投資目的で不動産を購入する場合、正しい知識と手順を知っているかどうかが、投資の成否の分かれ目です。この場合には、投資目的での不動産を購入する場合のメリットと、あわせてデメリットについても理解をしておく必要があります。
 不動産投資と一言でいっても、それにはさまざまな種類があり、期待できるリターンやリスク、実行の難易度に違いがあります。一般的な例としては、以下のものがあるでしょう。


●分譲ワンルームマンション賃貸
●マンションやアパートの一棟貸し
●駐車場やコインランドリーの経営
●REIT(不動産に投資する金融商品の一種)

 投資額に対する期待利益の割合を表す「利回り」は、注目すべきポイントのひとつです。
不動産投資における利回りは大きく表面利回りと、実質利回りの2 種類があります。「表面利回り」とは、年間の家賃収入の総額を物件価格で割り戻したパーセンテージを指します。
 投資用物件を探す際に、最初の目安として対象物件を絞り込むのが、この表面利回りという指標になります。
つぎに、「実質利回り」とは、年間の家賃収入から諸経費(管理費や固定資産税など)を差し引いた実質手取額を、物件価格に購入時の諸経費(登録免許税など)を加えた総額で割り戻した利回りを指します。
 ローンを組んで購入する場合には、実質利回りと借入額とのバランスを考えることも必要となります。
不動産投資におけるデメリットは、周辺環境の変化や経済情勢の影響を受けることによって、収入や手取りが減ってしまうリスクが挙げられます。
代表的なものとしては、入居者が入らず空室を抱えてしまう「空室リスク」、材料費などの値上がり等総合的な要素にまつわる「マーケットリスク」、家賃の滞納等入居者自身が問題化してしまう「入居者リスク」があります。
 このように、不動産投資には連鎖的なリスクを負ってしまう危険性があり、また、所得税や相続税などの必要コストについても、しっかりと試算しておくことをお勧めします。
 わたしたちは、不動産に関する最適投資をサポートします。実務知識やネットワークを活用し、みなさまが一番納得できるご判断をみつけることが、わたしたちの思いです。

お問い合わせはこちら
すでに不動産をお持ちの方 相続で不動産を受け取った方 これから不動産投資をされる方